手の水泡について知ろう!

手湿疹の水泡は夏に悪化

手湿疹は、空気が乾燥し気温が低くなる秋から冬にかけて多くみられます。
そして、手湿疹がひどくなると水疱ができるのですが、
この水疱がいつまでも治らずに再発を繰り返していると、
温かくなってくる夏場にジュクジュクと悪化することがあります。

 

また、気温の高い夏は、紫外線も強いのですが、
この紫外線の影響によっておきた手湿疹の水疱は、
汗をかいたり、かゆみが強くなったりして掻いたり、つぶしたり、雑菌が入ったりして悪化しやすくなります。
紫外線の影響によって起きる手湿疹を「日光アレルギー」といいますが、
アレルギーとなるものは日光だけでなく、金属アレルギーや野菜・果物の成分などもあります。
アレルギーが原因でおきた湿疹も、汗をかきやすい夏は、
その部分の衛生が保たれず、水疱が悪化してしまったりするのです。

 

夏場は、紫外線対策として手袋をする事も多いですね。
勿論、紫外線対策として手袋は有効的なのですが、
手袋をすることで手の中は蒸れやすくなったり、
蒸れてかゆみが増してしまったり、悪影響を及ぼすこともあります。

 

このように夏場、手湿疹の水疱は悪化しやすい傾向にあります。
悪化する前に、軽度の段階で、皮膚科専門医を受診し、適切な薬を処方してもらって早く治すことが大切です。

 

そして、水疱は絶対にかいてつぶしてはいけません。
どんなに痒くても、かいてつぶしてしまうと、症状はどんどん広がってしまいます。
症状が広がればその分治癒が遅くなりますから、ますます厄介なことになってしまいます。