手の水泡について知ろう!

手湿疹で水泡ができる病気

手湿疹が起こっていても、単なる手荒れとして捉え、
ハンドクリームやワセリンなどの保湿成分が含まれているクリームを塗って様子をみようと考える人が殆どです。
ですが、この手湿疹が悪化してしまうと、水疱ができてしまいます。
水疱ができてしまうと、単なる手荒れとしてのんびり構えていることはできません。

 

手湿疹とは、手にできる湿疹のことです。
体のほかの部位には湿疹ができていないのに、手のみに湿疹が出来ている場合を「手湿疹」といいます。
そして、この手湿疹は主婦に発症することが多いので、「主婦湿疹」と呼ばれることもあります。
主婦は普段から水仕事をすることが多く、しょっちゅう手荒れを感じていたりするのですが、
水泡ができるというような症状が出た場合は、何らかの皮膚の病気にかかっている場合があるので、
皮膚科を受診し、診察してもらうことが必要になります。

 

皮膚科を受診しても、手湿疹の原因を特定するまでに時間がかかったりする事もありますが、
多くの場合は、炊事をするときに使う台所用洗剤、野菜や果物などに含まれる成分によるアレルギー反応、
雑巾を絞るときの摩擦などが原因になっています。

 

そして、手の皮膚に水泡ができるような場合は、
いつも使っているハンドクリームやワセリンなどの保湿成分が含まれているクリームでは治療ができません。
皮膚科専門医で処方される有効な塗り薬を、医師指示通りに適宜使っていくことが必要です。

 

見た目では分りにくいのですが、手荒れを繰り返していると、
手の皮膚の表面が破壊されて崩れていくので、皮膚が薄く表皮はもろくなってしまっています。
その状態のところに刺激の強い台所用洗剤やシャンプーなどの成分が触れると、
一気に手荒れは悪化し、水疱ができ、痒くなってしまってどうしようもない状態になってしまう事もあります。
かゆみを伴う水疱は本当に厄介です。
かゆさは尋常ではありませんし、つい、かいてしまうので、どんどん広がってしまい治癒が難しくなります。

 

手がカサカサ乾燥している程度の手荒れで、病院へ行く必要はありません。
ですが、手にぶつぶつができた場合、水疱ができた場合、かゆみがある場合、
出血したり炎症を起こして痛みがある場合などは、
なるべく早く皮膚科を受診することが必要です。