手の水泡について知ろう!

手荒れで水泡に

「最近手荒れがひどいなぁ〜。カサカサしている・・・。」なんて思っていると、
その手に水疱ができてしまったりします。
この水泡がとても痒くて辛いですよね。

 

日々、水仕事が多い主婦、調理師、美容師、看護師などの人は、
手荒れに悩まされがちです。
少しカサカサしている程度であれば、手が乾燥しないようにハンドクリームなどで保湿をしておくと良くなるのですが、
乾燥がひどくなってしまって、てのひらや、指、指の間などがひび割れたり、赤くただれたりして
見た目にも本当に辛い状態になる事もあります。
ひびわれたり、赤くただれたりする前の症状として「水疱」がありますね。
水疱ができてしまうと、本当に辛い痒みに襲われ、かいてしまって、水泡が破れ滲出液が出ます。
そうなると、乾燥が進み、ひび割れやただれをおこし、さらに水疱が広がり、再び破れ乾燥し・・・
と、どんどんひどくなっていきます。
このように水疱ができ、症状が広がっていくという状態にあるのは、
単なる「手荒れ」ではなく「手湿疹」或いは「主婦湿疹」ということができるでしょう。

 

手湿疹は、手のひら、手の甲、指など、手にのみ症状が起きる湿疹のことです。
そして、手湿疹は、「手荒れがひどくなった状態」とか「単なるアトピー性皮膚炎だ」と考えてしまい、
いずれ治るだろう〜と思って放置してしまいがちなのですが、
「これは放置していては治らない手湿疹だ」と気付いたときには、既に重症化していることが多いものです。

 

手湿疹の初期症状は、乾燥やあかぎれ、ひび割れや皮むけなど、
症状の軽い単なる手荒れの症状です。
ですから、一生懸命ハンドクリームを塗って治そうとしたりしますが、
手湿疹が発症していると、ドラッグストアで販売されているハンドクリームなどでは治らない事もありますし、
そのハンドクリームが刺激物となるなど、返って逆効果となることもあります。

 

手荒れの症状がいつまでも回復しなかったり、
状態が悪くなっていると感じる場合は、もはや手荒れとして放置することはできません。
手湿疹を疑い、皮膚科を受診し、適切な治療を受けることが必要です。

 

そして、手湿疹は、一旦症状が改善しても、またすぐに再発する事も少なくありません。
皮膚科で処方される薬を処方してもらい、適宜使っていくことが必要です。

 

ひどい手荒れや手湿疹は、手のうるおいが不足し、皮膚のバリア機能が落ちることが根本的な原因です。
特に手のひらは、角質層が厚く、なかなか保湿を保つことが難しい部位だといわれています。
保湿されていない部分を常に水や洗剤、石鹸などで汚れと一緒に皮脂を取り続けることになるので、
どんどん乾燥が進んでしまうのです。
手の乾燥が進むと、あかぎれ、ひび割れ、皮むけなどの症状が出て、
そのバリア機能が落ちている部分にさらに刺激が加われば水疱ができます。
この水疱は小さなブツブツですが、コレが厄介、強い痒みを伴います。
一度できると完治までに時間がかかり、皮膚はボロボロになり、治療をしなければどんどん広がります。