手の水泡について知ろう!

手湿疹の水泡の原因

手湿疹ができて水泡になってしまうと、本当に辛いですね。
痒みがひどくて夜も眠れなかったりします。
痒み派尋常ではないので、かいてはいけないと分っていてもかいてしまい、
水泡をつぶしてしまい、ますます悪化させてしまいます。
手湿疹の水疱の大きさは、1ミリほどの直径で、一粒一粒はとても小さいのですが、
その水泡はたくさんできてしまいます。
水泡をかいて破ってしまうと中からリンパ液がでて、
ただれたり赤くなったりしますし、水泡の範囲はどんどん広がってしまいます。
すると、痒みのある範囲もどんどん広がります。
こうなってしまうと簡単に治癒できません。
水疱が潰れ、ただれてしまうと、今度は皮膚が乾燥し、
ボロボロと皮膚が剥がれてしまいます。
そしてまた水泡を繰り返す・・・という繰り返しです。

 

このように、水泡ができてしまうといってみれば最悪な状態になります。
ですから、手湿疹にならないように、そして、水泡にならないように気をつけなければなりません。

 

さて、手湿疹になると、なぜ水泡が出きるのでしょうか?

 

私たち人間の手の角質層はとても厚くなっています。
ですから、手の皮膚が十分に潤った状態を保つのは難しい現状があります。
肌の保湿が十分でなければ、肌のバリア機能が正常に機能しません。

 

毎日のように水や洗剤に触れている主婦や、美容師や看護師、調理師などの手は、
もともと角質層が厚く乾燥していて、皮脂が少ないところに
水だけでなく洗剤などの刺激物に触れるため、ますます手の皮膚のバリア機能が失われてしまうのです。

 

すると、手に炎症が起き、手湿疹ができやすくなります。

 

もともとアトピー体質の人は、子供の頃から普通の人よりも手の乾燥が激しく保湿されていない状態が続いているので、
バリア機能がきちんと働かず、水仕事などによって刺激が与えられると皮膚湿疹を起こしやすくなり、
手湿疹ができ、それが悪化して水泡になってしまうのです。

 

また、アトピー体質の人だけでなく、冷え性の人も手足の末端血管への血の巡りが悪いので
手足に栄養が渡りにくく、乾燥してしまいがちです。
乾燥すると、手湿疹になりやすくなるので、冷え性の人も手湿疹に注意が必要です。

 

さらに、手に汗をかきやすい人も手湿疹になりやすくなります。
手に汗をかく原因としては、ストレスが多いのですが、
汗をかくと皮脂も一緒に流れ出て乾燥を招きます。

 

その他、乾燥しやすい季節に手湿疹ができやすくなったり、
日焼けをして手が乾燥すると手湿疹ができやすくなったりします。

 

このように、水や洗剤による刺激、冷え性や多汗・日焼け・季節などによる乾燥した肌は、
様々なものに対する刺激に敏感になります。
たとえば、手を拭く時のハンカチやタオル、ゴム製品などの摩擦や、
セロハンテープなどを触った時の摩擦、
シャンプーやリンスなどの成分の刺激なども手湿疹の原因となり、水泡を作ってしまう原因になります。
さらに、果物や野菜など、素手で触るとその成分の刺激で手湿疹ができ水泡になることがあります。